地理教育フォーラム

2019年1・2・3月号 vol.5

GIS Day in 関西2019 @立命館大学(3月14日(木))

2019年03月11日 09:58 by keiji
公式サイト
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/GISDAY/2019/index.html
 
A4チラシ
https://drive.google.com/file/d/16z_frV8xB_Xgpu7aed5oeIi6kl-sPg6s/view?usp=sharing
 

Outline

企画名 2019年度 GIS Day in 関西 2019 日程

2019年3月 14日(木)10:00-17:00

場所 立命館大学衣笠キャンパス 創思館1Fカンファレンスルーム → キャンパスマップ ※創思館は[30]の建物 入場料 無料 午後からのGIS体験コースの参加には事前登録 が必要です 言語 日本語
主催 立命館大学文学部地理学教室
共催 立命館大学アート・リサーチセンター 立命館大学歴史都市防災研究所 後援 (一社)人文地理学会 (一社)地理情報システム学会 ESRIジャパン株式会社 株式会社パスコ ※本企画は、日本学術振興会科学研究費補助金(16H01965、17H06186)の 助成を受けています。

TimeTable

GIS Day in 関西 2019
10:00-12:30
講演の部
「洛中洛外図屏風の空間的視点」
 大塚活美(京都府立京都学・歴彩館)

「鳥瞰図の楽しみ方:貞秀と初三郎」
 三好唯義(神戸市教育委員会文化財課)

「古写真の空間的視点:撮影位置同定について」
 佐藤洋一(早稲田大学社会科学総合学術院)

「歴史GISと新しい地理教育」
 矢野桂司(立命館大学文学部)

 

12:30-13:30 Lunch
13:30-17:00
講習会の部( 要事前登録 )
A: ArcGIS Onlineコース

ストーリーマップのアプリケーションを活用して歴史上の人物の生涯を地図と様々なコンテンツ(テキスト、動画、画像)を組み合わせて作成します。また、後半では、現地調査アプリであるSurvey123 for ArcGISのアプリケーションを使って皆でキャンパスマップを作成し共有する一連の動作を学びます。
※スマートフォンやタブレットを持参ください。

B: ArcMapコース

GISをはじめて使う方を対象に、基本的な操作から検索・解析ツールなど、GISを利用する上で必要不可欠な知識を習得します。
また、GISですぐに使えるオープンデータを活用して、文化財のハザードマップを作成します。

C: 日本版Map Warper・WorldMapコース

日本版Map Warperは、オープンソースのジオリファレンスソフトです。本コースでは、その利用方法と、ハーバード大学空間解析研究所が開発したWorldMapでの活用方法を体験してもらいます。

17:15- Reception/参加費:500円

関連記事

第9回地理文化講演会 「なぜ気候温暖化議論が社会を分断するのか?」(2019年5月25日(土)@日本地図センター)

2019年04・05・06月号 vol.6

平成31年度 免許状更新講習の認定一覧(平成31年3月現在)が公開

2019年04・05・06月号 vol.6

第45回地理教育研究部会(開催日:2019年5月19日)

2019年1・2・3月号 vol.5

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)