地理教育フォーラム

2022年06月号 vol.24

~6/7 国立民族学博物館企画展「焼畑 ―佐々木高明の見た五木村、そして世界へ」 

2022年05月30日 09:47 by daichizu

~ 2022年6月7日(火)

国立民族学博物館 本館企画展示場

https://www.minpaku.ac.jp/ai1ec_event/29785

 

展示概要

焼畑は人類の歴史とともに長い伝統を持ち、現在でも熱帯地域では欠かせない生業基盤のひとつになっている。しかし東南アジアなどでは森林破壊の原因のひとつと見られ負のイメージが強い。
一方で焼畑は、アワ、ヒエ、バナナ、サトイモ、アズキ、ソバ、カブなどが栽培されて、収穫後は畑地を森にもどす再生型の農耕であり、その間には狩猟や採集がおこなわれる。このため今日の日本では自然に優しい持続型農法として注目されている。
本展では、佐々木高明が熊本県五木(いつき)村で撮影した焼畑の写真や現地で使用されてきた道具をはじめとして、日本や世界の焼畑がどの地域でどのような環境のもとおこなわれてきたのか、各地域の焼畑の特徴はなにかを紹介する。また、五木村を中心とした世界の焼畑をとおして、人間と自然との共生のありかたについて考えてみる。

 

関連記事

8/20開催 2022年度日本地理教育学会シンポジウム(オンライン)

2022年06月号 vol.24

第32回 私たちの身のまわりの環境地図作品展 応募作品募集中

2022年06月号 vol.24

6/25 地理総合オンラインセミナー 第4回

2022年06月号 vol.24

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.23

新学期がスタートして1ヵ月が過ぎました。1年時に「公共」のみ、「地理総合」...

2022年04月号 vol.22

いよいよ4月から高等学校において新しい学習指導要領のもと、「地理総合」がス...

2022年03月号 vol.21

皆様、年度末を迎え、お忙しくお過ごしのことと拝察いたします。今月も、「教育...